« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月26日 (月)

設計打ち合わせ3回目

この記事は新しいサイトに移動しました






3回目の設計打合せに向かう前に

間取りの見直しや設備等の参考になるかと思い

住宅展示場に行き

同程度の坪単価だと思われる

アサカワホームなどを見学して来ました。


設計打合せが始まると

実際の物件を見る機会がなくなるので

今後も時間を見つけては展示場や完成見学会などに

足を運びたいと思います。


ところで話は変わりますが

価格帯を見ると城南建設は

ローコスト住宅メーカーと言う事になるのでしょうか?


大手ビルダーから見るとローコストなのでしょうが

建ててる施主側から見ると

全くローコストでは無いのですがね・・・

この呼び方は何とかならないものでしょうかね~?


と・・・話しが全く関係の無い所に

行ってしまいました。


3回目の設計打合せです。


まず前回のオプション見積を頂きます。


Σ(゚д゚;)


表紙を見てビックリ3・・・300万と書いてある

(゚ロ゚屮)屮


え~~と思いながら

恐る恐る中を見てみると・・・(;´д`)トホホ…


親切に床暖房が4パターンで見積もってあり

それで価格が跳ね上がっていました・・・

ビックリしたよ(´へ`) =3


大体(あすかです)の○○ですが

(書いていいのかな?なので曖昧に)


床暖LDK16帖 ガス温水 エコジョーズ変更含

     10諭吉×数えると指6~7本

通常給湯器⇒エコジョーズに変更

      1諭吉×両手~+1本

通常ペアガラス⇒樹脂アルミ複合サッシLow-Eに変更

      10諭吉×指3本弱

玄関収納トールタイプ⇒コの字ミラー付

      1英世×両手+6本

クローゼット大型化

      1諭吉×指8~9本

屋根勾配変更

 1諭吉×両手~+1本

引き戸に変更(一箇所につき) 

      1英世×指3本


サッシとクローゼットが意外と高い!


床暖は大体聞いていたのですがこんなもんか?

といった感じ。


他には概算で見積したときの

窓の大きさのイメージなどを教えて頂きました


間取りは今回バルコニーの打合せを行いました。


通常であればバルコニーの奥行きは

1Pで91cm(実際使用できるのは80cm弱)との事


購入前に建売を何件か見て思ってはいましたが

80cm弱だとかなり狭いです。


また2階の南面の2部屋から

バルコニーに出れるようにしたいので

通常3Pの所5Pに増床し幅を広く

一部奥行きも確保することにしました。


そんなこんなで

あっという間に時間は過ぎ

3回目の打合せ終了です。

(内容を忘れているだけかもしれません)

2013年8月25日 (日)

ショールーム1(TOTO1回目)

この記事は新しいサイトに移動しました






商品住宅『あすか』では

TOTOのトイレを採用しているとの事で

イメージを掴むためと

良いオプション品が無いかを見るため

TOTOのショールームに初潜入です。

(後に変更するQUADや4月からの新あすかではシステムバスもTOTOのサザナになります)


私が住んでる近辺の

TOTOのショールームに行きましたが、

この近所には色々な住設メーカーの

ショールームが集っています。


LIXIL

Panasonic

トクラス

永大

クリナップ

タカラスタンダード

NAS

ハウステック

などが集っており

見学には非常に便利です。


まあ今回は初のショールームと言う事で

時間を掛けて見学しすぎて

他には行けなかったんですがね・・・


ということで予約なし・自由見学

という事で入場します。


入ってからよくよく考えると

どれ(シリーズ・グレード・品番)を

使用するのかが良く分りません

のでカタログから推測し眺めていきます。


トイレですが

ホントはタンクレスが見た目的にも良いのですが

城南の標準では普通のタンクありの

節水タイプですね~


色は普通の家では90%以上が

白色だと思いますが、我が家では思い切って

ハーベストブラウンにしてみようと思います。

130826_

他にはリモコンを見たり

(この時点では)関係ないけど

洗面台やシステムバスを眺めてみたり。


ショールームって

実際に家に設置した時の妄想が

楽しくてあっという間に時間

過ぎて行きますね。


そんな事を思いながら帰宅です。

今度来る時はもっと色々な事を調べてから・・・

と思いました。

2013年8月24日 (土)

キッチンボードどうする? (その1) ユーアイエリス

この記事は新しいサイトに移動しました






我が家ではシステムキッチンを

対面式のオープンタイプにします。


妻の要望で

対面は料理中も子供の様子が見れる

オープンは部屋が暗くならない為と広く見せる為

です。


オープンにして

システムキッチン上部の壁を取っ払うと

セットで付いてくる

上部収納の行き場所がなくなります。


上部収納をどうしますと?

設計の先生に聞かれます。


我が家では取り敢えずシステムキッチンの

後ろに取り付ける事にしてあります。


先生曰く、

殆どの人が後ろの壁に取り付けるとの事ですが

なかには洗面所に取り付けたり

各居室に取り付ける方もいるとか・・・。


聞いた所

システムキッチンと上部収納の

色違いも大丈夫との事です。


我が家のシステムキッチンの後は

北側の壁で北東の角に冷蔵庫を置く予定で

その並びの上部に配置します。


そうすると・・・

上部収納の下がすっぽり空いてしまいます。


現在使っている

食器棚を持っていこうかと思っていたのですが

上部収納を取付けると置けそうも無いので

カウンター部のみ新規購入する事にしました。


システムキッチンと同メーカーの同シリーズで

本当は揃えたい所ですが・・・


それはもう高いのなんのって・・・

とてもオプションでお願いできる金額ではありません。


そこで我が家では

市販のキッチンボードを検討しております。


第一候補はユーアイというメーカーのエリスです。


10万円以下で

180cm幅・1枚天板・収納と炊飯器置きや

ダストボックス収納も可能という

驚きコストパフォーマンスですが

色が限られております。


取り敢えずは

これを導入予定として検討していきます。

2013年8月12日 (月)

設計打ち合わせ2回目

この記事は新しいサイトに移動しました






前回の打ち合わせから1週間後

2回目の打合せです。


今回は前回の間取りプランを元に

変更点やオプションの打合せを進めていきます。


前回の間取り作成後

家でも色々考えましたが

なかなか良い間取りで

変更箇所がなかなかありません。


ちょっと階段スペースと

2階の廊下部分のスペースが無駄かな?

とは思いますが、基本良い間取り

でもちょっと気になる箇所はあるので

そこを相談して行こうと思います。


まず先生から屋根勾配を変更しませんか?

と提案をいただきました。


jun宅は第一種高度地域となっており

城南の標準屋根勾配(4寸)では

2階の部屋の天井に勾配が多く出来てしまい

部屋が狭く見えてしまうとの事。


これを6寸にしませんか?との内容です

ただでさえ小さい家が

更に狭く見えるのは嫌なので

こちらはお願いする方向で

設計を進めて頂きます。


こちらからのお願いとしては

まず全体的に収納が少ないのが気がかりです。


そこで2階の寝室のクローゼットを

大きくしたいとお願いしました。


部屋の壁から壁まで6尺⇒9尺に変更して貰います。

奥行きは自由に決められるとのことなので

部屋の広さとの兼ね合いで後で決める事にしました。


クローゼットを広げた事で

部屋の入り口の扉を塞いでしまったので

扉の位置を変更し更に引き戸に変更します。


引き戸と言えば他者様のプログを拝見していると

かなり便利みたいで後から導入すれば良かったと

多々拝見することがありました。


・開けたときにスペースを取らない

・一つの動作で開けられる(引き戸はノブを捻って⇒開ける)


というのがメリットだと思います。


デメリットはドアの隙間が大きい所ですが

24時間換気の影響で元々ドアの下に

1cmの隙間があるそうなので

そこは気にしませんでした。


我が家ではリビングから

洗面所に繋がる扉も引き戸に変更しました。


他はリビングに収納が無いので相談しましたが

これは難しそうです。

(図面を見て分っていたのですがクローゼットを配置する場所が無い)

こちらは壁面収納などで考えようと思います。


玄関の収納も土間を設けられなかったので

玄関収納をコの字タイプ(ミラー付)に変更です。

これはちょっと物を置いたりするにも

便利なので採用します。


収納の他に床暖房の設置も相談です。

我が家には1歳になった子供がいるので

ストーブやファンヒーターは

出来る限り避けたいのと

エアコンでも良いのですが

空気が汚れない所と

足元からじんわり暖かくなるという

床暖房に憧れての採用予定です。


LDKに設置予定ですが

キッチンはどうします?と聞かれます。

妻は要らないかな?と言いますが

冬場の台所仕事は寒いので

有った方が良いんじゃない?という事と

部屋の暖房という事を考えたら

LDのみでは部屋全体が暖まらない

可能性があるという事で

LDK全体に設置になりました。


床暖房はいくつかの種類があり

先生からは電気式を薦められました。


先生の家でも使用しているらしく

設置費用が安価なのと

ランニングコストも意外と?

掛からないですよ~との話し・・・

ですが我が家ではガス温水式で

検討しようと思います。


設置費用は電気式より上がりますが

電気式より総じてランニングコストが

低いと各所で拝見した為です。


また温水式床暖房の設置に併せ

ガスの使用量が上がることが想定されるので

給湯器をエコジョーズに変更します。

都市ガス地域の為

光熱費が出来るだけ掛からない

家になると良いのですが・・・

どうでしょう?


給湯機の件で一つ問題がありました

24号タイプのガス温水暖房付ふろ給湯器を

1台で良いと思っていたのですが

先生から給湯・風呂用と床暖房用の

2台必要と言われました。


その方が安価だし

ランニングコストも抑えられると。


取り敢えず承知し

後日調べて問題が有りそうだったら

交渉しようと思います。


もう一つ気になったのが

床暖房導入による床材の床暖房対応の可否です。


我が家では最終的にQUADに変更になり

QUADの標準の床材LIXILハーモニアス12(ライト?)

は床暖房対応品のため問題ありませんが

あすか標準の物は床暖房に対応しているか

確認をしたほうが良いかと思いま す。

(後日、床材を変更したいと相談した時に床暖房導入予定なのに対応品ではない物の提示がありました)


他には断熱と遮熱性を高める為に

Low-Eガラスと

樹脂アルミの複合サッシ

の相談もします。

(私が打ち合わせしていた時には『あすか』はLow-Eが標準では有りませんでしたが、2013/4月頃からの『新あすか』標準になっていますね~)


今住んでいる賃貸マンションで

かなり結露に手こずっている為

樹脂アルミの複合サッシは

必ず導入したいと思っていました。

(本当は樹脂サッシが良いのですが値段が高いですね~)


標準では樹脂アングルは付いていますが

断熱と結露の発生を抑える為には

良い選択だと思います

と先生も話していました。


ここまでで先生の予定に依る

時間切れの為、

2回目の打ち合わせ終了です。

次回までにオプションの

見積りをくれるらしいです。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

Sponsords_Link

我が家のProfile

  • jun ・ 嫁yu ・ 娘su の

    の三人暮らし。


    子供の頃から

    持ち家に憧れがあり

    住宅ローンを組むなら

    年齢的にそろそろと

    思いはじめ立ち寄った

    住宅情報館=旧:城南建設で

    あれよあれよと

    家を建てることに・・・


    小さく狭くとも

    家族三人幸せに暮らせる

    家を建てたい!


    とジタバタ迷いながら

    家を建てるブログです。


    2013/10月竣工済み。

最新記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

BLOG LINK

  • にほんブログ村 住まいブログへ
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
    にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
    にほんブログ村 インテリアブログへ
    にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ





Link

雑誌掲載

  • IKEAインテリアのムック本に

    掲載して頂きました。(P77)

    Mukku

無料ブログはココログ

参考になる~家造り~情報

参考になる~DIY~情報